スナップ写真スライドショー

 

参加者 千葉、乙幡、阪本、長、大藤 5名】

 

【交通手段:車 片道約130km】

 

【高速料金】

 

【往復】

片道2850円(深夜料金で1450 円)×2=¥2900

 

【行き】

車 自宅出発0:15→八王子IC入口→中央道→須玉 IC出口→みずがきやま自然公園到着2:45

 

途中、案内板がわからず、瑞牆山荘に行って しまったが、引き返し、みずがきやま自然公 園に無事到着。 テント泊の客の車が数十台か既に駐車してお り、かなり静かな状況。駐車場で1時間30分 程仮眠。 ほとんど寝付けぬまま、4時20分に外に出る と、まだ暗かったが、雲が無くなり、満天の 星空が見えた。 この公園の標高が1400㍍を超えおり、11月 に入り、また多少風も吹いているせいか実際 の気温より体感温度は寒いです。 トイレ、身支度を整え、5時過ぎ出発。

 

【帰り】

車 みずがきやま自然公園出発18:00→(須玉IC近 くの日帰り温泉)若神楼19:00位→ラーメン蘇 州20:00位(若神楼すぐの清里ライン沿 い)21:00位出発→昭島駅北口23時15分→自宅 23:20到着 (三連休の中日で、中央道渋滞25kmで時間がかかった。)

 

 

 

【山行表】

みずがきやま自然公園出発5:03→6:18不動滝 → 6:39夫婦岩→6:55王冠岩→7:53瑞牆山山頂 8:10→8:26大ヤスリ岩→9:00桃太郎岩→9:35 富士見平小屋→10:37大日小屋→11:11大日岩 (登りかけるが金峰山登頂を優先) →12:35金峰山の稜線に出る→12:52千代の吹 き上げ→13:45五丈岩→13:50金峰山山頂→大 日岩→大日小屋→富士見平小屋→17:39みず がきやま自然公園駐車場到着

 

 

 

スタートから、しばらく(30分)は舗装道路を 歩き、しばらくすると大きな石が散乱する道となり、だんだんと悪路と急登になっていった。 また、しばらく歩くと沢の音が聞こえ、何回か沢を横断します。川の流れる音が心地よく気持ちがいいです。コースは赤いインクで岩に進行方向の矢印が記され、それをたよりに進めば迷うことはありません。 不動滝この周回コースにしたのもこの滝を見たかったからですが、1時間程歩かなければこの滝を見ることはできません。 トレッカーのみが見ることが出来ます。 水量は、さほど多くはありませんでした。 水で削られた岩肌を流れ落ちる感じです。な かなかの絶景ポイントです。

 

瑞牆山にはさほど時間もかからず登頂。 頂上が2230㍍なので、登山口から約750㍍登れば山頂なので思っていたより早く到着できました。瑞牆山山頂は寒い。 山頂大きな何枚かの平たい岩になっており登り口と反対側は、切り立った断崖絶壁です。岩の端に立つのは勇気がいりますが、少しずつ慣れてくると立てるようになります。なかなかのスリルでした。 景色は、富士山、八ヶ岳、南アルプス、金峰山などが見えました。 晴天ではありませんが、薄い雲だったので周囲の山々を眺めることが出来ました。 ここから金峰山を見るとかなり遠く感じました。

 

この時期は、体温の調整が難しく、歩き始め るとすぐに暑くなり、足を止めるとすぐに寒 くなる。この繰り返しでした。 特に瑞牆山山頂は風が吹いて寒かった。 アウターコートを脱いだり着たりを何度も繰 り返し面倒くさかった。

可能な限り汗をかか ないように心がけた。

 

瑞牆山山頂から、桃太郎岩までは岩や石などたくさんあり、急な下り斜面が続くので 無理な追い越しは、禁物です。

 転倒すれば大怪我します。 特に朝は登り客が多いため、下りでは石など 蹴り飛ばさないように注意が必要です。

慌てないほうがよいです。

 

富士見平小屋は、桃太郎岩から、30分程です。富士見平小屋というだけあり、紅葉した木々の間からうっすらガスがかかっていますが、印象的な富士山の姿を確認することはできました。 山々を歩いて気づくことは、遠くの山々から いつも、富士山を探すくらい富士山が好きなんだなと、また、富士山の景色がよいところ には富士※※みたいな名前がつく。 富士山は私達の心の中で、揺らぐことのない絶対的な存在感とスケールで、登山客を魅了 し、また、日本人がつねに意識する日本の宝だと思います。

今年、世界遺産、富士山に登れて良かった。 登った後、周囲の山々から見るのも感慨深い です。

 

話を戻します。 富士見平小屋周辺は紅葉を一目見ようという ツアー客が大勢、休憩されていました。

 私達も、トイレ、小屋で買い物、栄養補給を済ませ、金峰山目指して山行を開始。 ここを基点に登りになります。

たくさんの落葉している山道が続きます。

1時間ほど進むと、大日小屋が右手下に見え 休憩を取っている人が十名程いました。私たちはそこをパスして進みます。30分程で、大日岩に到着。 大日岩も40分位かけて登ることができるよう です。登り口から見る景色が美しいのできっ と登って見る景色は素晴らしいのだと思いますが、時間的な制約もあり、金峰山登頂を優 先させるため、後回しにしました。(結果、 登れませんでしたが)

 

大日岩から約1時間20分後に、金峰山の稜線に出ました。 また、ここの景色も、最高に眺めがよくて 八ヶ岳、南アルプス、瑞牆山、そして富士山を眺めることが出来ます。 ここから、金峰山頂上、五丈岩までの道のりは、稜線の道のりです。 ところどころ大きな岩や石の連続でとても走 れるようなところではなく、手間取りながら登って、1時間25分かけて無事に登頂することが出来ました。

 

五丈岩には、何人かの若者がチャレンジして いました。高所の怖いわたしは、諦めて すぐに下山を開始しました。

予定より、遅れており、駐車場への帰着時間 が遅れそうだったのでここからの下りで時間 を短縮するつもりで頑張って走りました。なかなか、ペース回復は出来ず、また、富士 見平小屋でみずがきやま自然公園駐車場まで のルートを聞いたのですが、林道がわかりづ らく、道に迷い、暗くなり、結果、3時間強 かかって駐車場に着きました。

 

距離:21.45km 時間にして12時間36分 累積標高は約2000㍍でした。

無事帰ることが出来、良かったです。

 

本来、行くはずの、温泉は時間なくやめ 須玉で探すも、なかなかよいところが見つか りません。 結果、ネットで調べた須玉インター近くの日 帰り須玉温泉、若神楼にお世話になりまし た。

ここは日帰り温泉ですが、お客がおらず ほとんど私達の貸し切り状態でした。 風呂場は洗い場、湯船共に広く、また、露天 風呂もぬるいですが、ゆっくり疲れを癒すことが出来ました。料金¥1000です。

その後は、すぐ近くのラーメン蘇州にたちよ り、ラーメンと餃子を食べて帰宅の途につき ました。

 

帰り、25kmの渋滞に遭遇し、私達が自宅についたのが11時25分位でした。

長さんには、帰り、最終電車となってしまい ご負担をおかけしてすみませんでした。

今回は5人組での、トレラン。 長く、険しい山行でしたが、皆でバカを言いながらの山行は大変、楽しかったです。 また、美しい山の景色を共有出来良かったと思います。 また、皆で行きましょう。

 

                            byトレラン愛好会!?GLIDING

トレ愛好会!?  トレランレポート

御嶽~御岳山~奥の院~鍋割山~大岳山~鋸山~愛宕山~奥多摩2012年8月4日(土)

雲取山頂~七ツ石山頂~六ツ石山~奥多摩駅トレイルランニング 2012年8月19日(日)

大菩薩~奥多摩湖スーパートレイル 2013年9月22日(日)

雲取山頂~七ツ石山頂~鷹ノ巣山~六ツ石山~奥多摩駅トレイルランニング 2014年8月16日(土)

湯河原~城山山頂(土居城址)~湯河原トレランコース2012年8月15日(水)

第2回  三崎まぐろきっぷで行く三浦半島トレイルランニングツアー2015年3月15(日)

Copyright © 2014 トレRUN愛好会!? Gliding All Rights Reserved.