第2回 三崎まぐろきっぷで行く三浦半島トレイルラン実施予定 2015年3月15日(日)

みさきまぐろきっぷで行く三浦半島縦断トレイルの旅

 

(参加者)

しゅうさん、よしべえさん、のりさん

ちぃーちゃん、真理子さん、べっちぃーさん、ヒロさん、  おとうさんの計8名

 

 

日時:2015年3月15日(日曜)

集合場所:品川駅 立ち食い蕎麦屋の前

集合時間:7時15分

出発時間:7時37分発

 

《待ち合わせ》

私は高田馬場から山手線に乗車して、座ったんですが、どちらが先かわかりませんがとなりにランニング姿でザックを持った20代くらいの「美ジョガーさん」がとなりに座っていました。

芸人さんのどぶろっくじゃないですけど

 

「もしかしてだけどー、もしかしてだけどーそれっておいらを誘ってるんじゃないのー!」

 

じゃなくて

 

「もしかしてだけどー、もしかしてだけどーとなりの美ジョガーさんはヒロさんじゃないのーー」

 

って思いながら、ヒロさんなのか?を確かめるために、品川までずうっーと人間観察し続けちゃいました。(失礼しました)でも、自分はトレイルシューズも履いているし、GLIDINGのサイトでは、自分も顔もおおやけにしているので、もし、ヒロさんだったら私に気づいてくれるはず。と思いつつ、でも、私のことは、一切視界に入らない様子で真剣に読書されてました。(小説っぽかったかな?)

 

山手線で駅名アナウンスが恵比寿ー、目黒ー、五反田ー、おーさきーと駅に到着するたびにお顔をあげて駅名表示を確かめていました。今日は横浜マラソンだけどそれにしては8時30分スタートには間に合わないしたぶん違うんだろうなと思いつつ、すると品川駅で降りたので、悪いと思いつつ、三歩後ろを歩いてついていきました。(笑)

 

乗り換えの切符販売窓口にいき、普通に切符をかうにしては、時間がかかっているなあと思っていたら、みさきまぐろきっぷの説明を受けていた様子?

LINEでは、数分前にちぃーちゃんが立ち食い蕎麦の店先に到着しました!とLINEを送ってくれていました。美ジョガーさんはお蕎麦屋さんのところを、横目で見ながら、止まったので間違いないと思い、同時にちぃーちゃんも自分に気がついてくれて、ヒロさんだと確信し3人で挨拶を交わしました。やっぱりヒロさんでした。同じ電車で、同じ車両で、座席がとなり同士になるって偶然とはすごいと思いました。

 

で、お蕎麦食べる?の問いに、お二人とも食べますーとノリよく、付き合ってくれて、3人でならんで立ち食い蕎麦を頂きました。(笑)

会ってはじめましてで、すぐ、立ち食い蕎麦屋は後から考えると笑えますね。

 

その後、べっちぃーさん、真理子さんとしゅうさん、よしべえさんがすぐ集まってくれました。

べっちぃーさんは一度LINEで写真を送って頂き、拝見していたのと、一度お電話で話し声優さんのような特徴的なかわいらしい声だったので会ったときにすぐに気がつきました。

 

私のなかでは、架空人物なのでは?と思いつつ、スカート姿で現れて、女子力高そうな雰囲気の真理子さんとも会えて安心しました。で、しばらくするとおしゃれな白髪で優しさと独特の世界観をお持ちのよしべえさんとも待ち合わせできました。

イメージは、筋肉隆々の色黒の男性をイメージしていたので、全然違いました。

かわいいアニマル柄の肉球滑り止め軍手をよしべえさんがしていたのですが、真理子さんいわく、業界ならではのものだったらしく、お勤め先を探り会う会話で盛り上がりました。

皆さんご挨拶も済んでさあー出発です。

 

《出発》

快特、三崎口行きの先頭車両に乗車。向い合わせの座席に女性人は座られました。楽しく談笑され、皆さん打ち解けた様子だったのでまずは一安心です。そうこうしている間に横浜駅に到着。ハセツネ試走で、出会ったのりさんと約半年ぶりに再会しました。相変わらず、爽やかな好青年です。よく見ると山の神の柏原君に似てるんだなあと思いました。

 

全員、無事に集合してくれてよかったです。

 

三崎口行きの快特に乗車して、金沢文庫で普通電車に乗り換えて、京急田浦駅で下車。

駅前で、着替え、トイレ、身支度を済ませて8時40分ころ出発しました。

 

《スタート》

駅を出て右方面にしばらく歩き、県道24号線を右折し、上り坂を歩きトンネルをくぐって、その先の横横道路をくぐる手前の左手に長い登り階段があったので、ルートはここかと思い、本日もみんなを待たせてそこをのぼりましたが、残念、階段の途中にポストがあったのでまさかと思いましたが、一般住宅でした。それで、横横道路を過ぎて左折してやっと今日走る道に出ました。

 

横横道路のガード下に、公園があったのでそこで準備運動&ストレッチ、記念撮影

をして、まずは、ゆっくりと歩きながら進みましたが、その先のトンネルは封鎖されて登山道がわかりずらかったのですが、のりさんが、道しるべとなる、ピンクの目印を見つけてくれ、そこから山に入りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登りは、ゆっくりと歩きながら進み平坦な道や下り坂はランニングしながら進みます。

いくつかの峠を抜けると最初のピークに到着。

標高は低いのですが、皆さん、見おろす景色を見て、小感激されていた様子でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その次のピークである乳頭山からは横須賀港付近に停泊している軍艦や米軍横須賀施設付近の眺望が出来ました。この乳頭山にも三角点があるんてすね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、大楠山方面に向かっていたら反対側から、ご年配の方とすれ違いよく、この道を歩いてきたね❗と感心してました。この道は鉄塔の点検見廻りを目的とした山道らしく、通常はこの道をいく人は少ないとの事。すれ違ったその先で、道が二股に別れていて、方角的に左に行くところでしたが、その方が、大楠山は右側の道を進めとの事でした。道路に出たら左折し

横横道路のガードをくぐったら、大楠山の看板が出てくるので、そこを右折と言われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                     道路に出たら、セブンイレブンがあったのでトイレ休憩しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休憩後、再スタート道案内してもらった通り、道路沿いを進み横横道路のガードを過ぎても、

大楠山の案内板はなく、google mapを見ながら大楠山方面に向かいました。また、横横道路の陸橋を渡り、民家の脇を進み、トレイル道が見えてきましたが、ここではなく、間違えているな思い、この辺の住民らしい方が歩いていたので、道を尋ねました。聞くとやはり、違っていたため言われた通り進んで、なんとか大楠山への道標を見つけることが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大楠山山頂への道のりは、左からの巻き道と右手にある直登の階段でしたが、私たちは直登の階段を選択して登りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂にはお昼休憩しているハイカーが大勢いました。景色を眺めたり、みんなで記念撮影を撮りました。螺旋階段の展望台にも登りました。みんなで登ると揺れるし、ちょっと怖かったです。高所恐怖症の方は遠慮したほうがよいでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大楠山山頂の帰りは、巻き道を下っていきゴルフ場の脇道など、元の来た道に戻り、今度は右に進路をとり、山を進みましたが、GARMIN fenixでナビゲーションを使いながら進んでいると、またまた、コースアウトし始め、また、間違えたかなと思ったときに、大楠山の手前でお会いしたご老人に会いました。どこへ向かうの?と聞かれ、三浦海岸というと、こちらではないという話になり、こちらからだと関口牧場方面に出るからそこでアイスクリームでも、食べたら?

ということも言われましたが、私たちは予定のルートで行くと決めていたので走って来た道を戻ることにしました。

元来た道に戻ると、途中、工事中で封鎖された道を発見しました。本来、ここを通りたかったんですが、あきらめて、看板に出ている迂回ルートを通って、目的地に向かうことにしました。

とにかく、この迂回ルートマップが、わかりずらく、この先で私たちをかなり、悩ませました。

 

私用道路に入っては、戻り、畑仕事をしているおかあさんに聞いたりして、横横道路脇を目的地方面に進みました。私たちのあとから来たハイカーは迷わず進んで行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                 桜の開花は春を実感させてくれます。

 

 

 

しばらく歩いていると高速のサービスエリアの後ろ側を通過し、その先で、またもや分岐点にさしかかりました。右はガード下のトンネルで誰も通りそうもない道、左は登山道っぽい感じあっちじゃない?こっちじゃない?と話し合いながら、とりあえず右のガード下トンネルをくぐってみたら、雑草が生い茂り、荒廃した風景が現れ、通れそうなルートはなく、明かに誰も足を踏み入れていないエリアでした。また、来たトンネルをくぐって戻り、左側の道を進みました。

こちらで間違いはなさそうな感じでしたが歩いてほどなくしたら、三つの分岐点が!

現れました。左に登っていく道は違うと思っていたので、残り2つでどちらに行けば良いのか長い時間悩みました。右に行ったら行き止まりなんじゃないか?

 

左のブルーシート方面が正しいのではないか?みんなで納得がいくまで、考え意見を出し合いました。大半の意見がブルーシート方面に集中していましたが、ヒロさんは右側と確信していた様子。私はgooglemapでGPSと方角を確めて、右かなと思っていましたが、自信が持てないでいました。みんなが確信を持ったのはたしか、真理子さんの一言で、この迂回ルートの地図でいうと、まだ、この分岐点にさしかかっていないという意見を境に皆さん意見が右に傾きはじめ、右に進むことになりました。しばらく歩くと、分岐点にさしかかり右側が大楠山方面?で通行止めになっていて左手は衣笠城址だったかな?とにかく本来の行きたかったルートに出ることが出来、みんなよかったーと安堵の表情を浮かべました。

 

左手という意見が大半を占める中ヒロさんは自信を持って右側と言ったのは素晴らしいですね。あとから、考えてみると迂回ルートの標識が掲げられていたのが、右側で、掲げられている方角に進むのが鉄則でした。

 

今まで迂回ルートでここまで来ていたのだから、本来の正ルートが工事中ということは、この先で通行止めの大楠山方面と衣笠城址とに分岐するということですね。また、オレンジのウインドブレーカーを着たおじさんのところから、引き返して途中の工事中で閉鎖されていたところを通っていればこの分岐点に来たわけですが行かなくて正解でした。完全に道が封鎖されており、通れなかったので結果オーライでした。この長い長い迂回ルートを案内するということは、三浦半島縦断コースを歩く人が多いということですね。しかし、こんなに迷ったのははじめてです。でも、これもまた、忘れられないよい思い出になりましたね。

 

その後は、一般道に出て、ながーい上り坂を登り、左折して一般の閑静な住宅街を

抜けて、左側の水道貯水タンク脇を登ると白い柵の続く、トレイル道を登ったり下ったり、工場の脇道を通り、一般の道路に出ることが出来ました。道路幅いっぱいに広がる水溜まりがあり

立ち往生しましたが、真理子さんの機転により落ちていた木材を水溜まりに敷き、なんとか濡れずに渡ることが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこからは通りまで歩き、通りにバス停があったので、バスに乗ることにしました。

本日のトレイルランはここで終了!約25kmほどのトレイルランでした。

予定時間に対してかなり遅れてしまいました。バスに乗り、YRP野比駅に向かい京急で三浦海岸駅に向かいました。三浦海岸駅から、海岸に向かって歩いて昼食候補先である漁り火に到着しましたが中途半端な時間帯になってしまい残念ながら準備中になってしまいました。

それではと夕食でたくさん食べようということになり、お昼は抜きにしてバス停琴音から、次の目的地の剱崎灯台は中止にして城ヶ島に向かうことにしました。

 

ちょうど、バス停琴音に向かって海岸線を歩いていたら、後ろからバスが走ってきたので、みんなでバス停に向かって走りましたが、バスは行ってしまい乗ることは出来ませんでした。

次のバスの時間まで、かなり時間が空いたのでコンビニで、軽くお腹に入れて空腹を満たそうということになり、皆さんおもいおもいの食べ物、肉まんやカップラーメン、パン、コロッケなどでお腹を満たしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、バスで三崎東岡行きに乗車

そして、三崎東岡からバスに乗り換えて城ヶ島に向かいました。予定の時間を大幅に過ぎてしまい、夕暮れ時の時間になってしまいました。城ヶ島についたときには帰る観光客が多く、この時間帯に城ヶ島を訪れる人はまばらでした。城ヶ島京急ホテルに足早に向かいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果的にちょうど城ヶ島の海岸の岩場を夕陽が染めていく時間帯に到着し夕陽をバックにみんなで記念撮影を撮りました。そこから、すぐに城ヶ島京急ホテルで受付を済ませ、女性陣と待ち合わせ時間の約束をしてから、お風呂に入りました。

沈む夕陽を眺めながら、露天風呂に入りたかったので、ちゃちゃっと体を洗って向かったら、アジア系の観光客に絶好のポジションでスタンバられていました。(T_T)

でも、なんとか、海に沈み行く美しいサンセットを拝みながら、湯船に浸かることが出来ました。

それから、女性陣とロビーで待ち合わせをして、急ぎ、三崎港行きのバスに乗りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあー一番の楽しみにしていた三崎まぐろ切符を使い、美味しいまぐろ料理にありつける時が来ました。

バスに乗りながら、さあーどのお店にしようかと、考えて三崎まぐろ切符のパンフレットを眺めていたら、予定候補先にしていたくろば亭の漬けまぐろと天ぷらの丼が食べたいという、のりさんからの意見もあったので、皆さんに相談してみましたら、皆さん、二つ返事で、おとうさんが決めたとこなら、賛成!って言ってくれました。真理子さんもまぐろと天ぷら両方食べたかったんですーって言ってくれました。

 

で、バスを降りてから、くろば亭をみんなで迷いながら、探して、お店に到着しました。

お店には、カップルがいて、鮪のかぶと焼きを食べていて、美味しそうだったので私たちもオーダーしたかったところですが、お店の営業終了時間も近かったので今回は諦め、次回来たら頼もうということにしました。一番楽しみにしていた生ビールで乾杯。

(熱かんやサワーで乾杯の人もいました)(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、切符料理は、半分位の方が、一番人気のまぐろの漬けトロ天丼をオーダー、残り、半分の方が、刺身の舟盛定食をオーダーしました。あと、女将さんが、まぐろのカルビ焼きもおすすめということでこれもオーダーしました。まぐろづくしの料理で満喫できたし本当に美味しかったです。このお店を選んでよかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この打上げで、驚いた事がありました。

よしべえさんの、飲みっぷりがすごいこと。すごい早いピッチグイグイ飲み干していきます。

約一時間余りでビールをジョッキにして5~6杯は飲まれたかと思います。

ぐいぐいとお水のように飲まれていたのは驚きでした。これよりも長い時間飲んだら、よしべえさんは、どうなるんだろう?(興味津々)と思いながら、次回の楽しみにして、今回の打上げはここでお開きにしました。みんな自分で飲んだ分は自分で清算して、食べた分は適当に割り勘にしました。

帰りはもちろん、バスで三崎口まで行き

まぐろ切符を有効に使って快特に乗り

停車駅の横浜、川崎、品川と順々に皆様とお別れしていきました。

皆さん、律儀に電車が動き出すまで、ホームでお見送りしてくれるいい人ばかりでした。

本日は、皆さんたのしいたのしいトレイルの旅をありがとうございました。

また、計画しますので、是非、行きましょうね。

 

《今回のコースの感想は》

コース的には、三浦半島縦断トレイルレースのコースの途中から入るコースです。

山と高原の地図にはこのコースはなく

このトレッキングルートが掲載されたマップは書店にはありませんでした。ヤマレコにアップされているコースのGPXデータをダウンロードして、3D地図ナビゲーションソフトのカシミール3D上にアップロードして、不要なラインを消し、走りたいコースを地図上に線を引き、自分でコースを作成して、データをダウンロード。

GPSウォッチのGARMIN fenixにデータをインストールして、そのデータでナビゲーションして走りました。

今回は、わかりずらく、何回か迷い

皆さんにご迷惑をかけました。

ただ、このコースデータは、道標とセットで使用することで正確な道案内を保証してくれますが、今回のコースには道標が少なく、あっても地名がよくわかりませんでした。このコースは何度か走らないと覚えられないコースですね。

 

《参加者の印象》

今回、初トレイルが、ヒロさんと真理子さん

ヒロさんは、私のすぐ後で、私が話しかけるたびにきちんと受け答えしてくれる律儀な人です。私が話す道の状況をつぶさに後続に伝令してくれる方です。

ぬかるんでいまーす。とか(笑)

また、隊列に間をあけまいと頑張って必死についてくる根性のある人です。

真理子さんは、後ろを振り向くと、いつも笑顔で返してくれるようなマドンナと言った印象です。

 

お二人の初トレイルの感想は

ヒロさんは「とても気持ちがいいです。」真理子さんは「こんな体験は始めてです。」と心地よい汗をかいて、走っては移り変わる景色でとても、感動してくれていました。

ロードを走るよりも、何倍も楽しいと。

 

ちぃーちゃんは、彼女なりのペースでも

しっかりとついて来てくれるし、前回一緒に行った時よりも遥かに体力と精神力が備わっていて驚きました。前回よりも、楽しめたのではないでしょうか。

 

べっちぃーさんは、ご自分でも、おばちゃんだからとか、おやじだからとか、

着飾らない性格なのか、皆さん気楽にお付き合いできました。

 

よしべえさんは、独特の世界観をお持ちの方です。お子さんもご結婚され、お子さんも出来て、思う存分、エンジョイライフを楽しまれている方です。

 

のりさんはやはり、好青年ですね。若いのに、しっかりと自分というものを持っている青年ですね。バスでも、シルバーの方に座席を譲れる人立派な青年ですね。

 

しゅうさん、本日も色々とフォロー頂きありがとうございました。

皆さん懇親を深めようとしてくれたこと盛り上げようとしてくれるお心遣いは嬉しかったです。

重ね重ねありがとうございました。また、是非、行きましょうね。

 

 

 

 

トレ愛好会!?  トレランレポート

御嶽~御岳山~奥の院~鍋割山~大岳山~鋸山~愛宕山~奥多摩2012年8月4日(土)

雲取山頂~七ツ石山頂~六ツ石山~奥多摩駅トレイルランニング 2012年8月19日(日)

大菩薩~奥多摩湖スーパートレイル 2013年9月22日(日)

雲取山頂~七ツ石山頂~鷹ノ巣山~六ツ石山~奥多摩駅トレイルランニング 2014年8月16日(土)

湯河原~城山山頂(土居城址)~湯河原トレランコース2012年8月15日(水)

第2回  三崎まぐろきっぷで行く三浦半島トレイルランニングツアー2015年3月15(日)

Copyright © 2014 トレRUN愛好会!? Gliding All Rights Reserved.